本文へスキップ

リノベーションを決めたらまず何をする?

リノベーションの流れ

プランを練る

リノベーションの流れ 写真

どんな住宅で暮らしたいか、まずは理想像を頭の中で思い浮かべることから始め ますが、なんなら紙に描いてもいいですし模型を制作してもいいですし、パソコン で設計してみてもいいでしょう。 とにかく具体的にどんな住居にするのかを決めていきます。 しかし漠然と「こんな風に暮らしたいな」という考えがあっても、それを実現する 方法は設計士やデザイナーでなければ具体的な案はなかなか出てきません。 そこでいろいろと情報を集めながら、採用したいアイデアを探しましょう。 インターネットで検索すれば過去の実績としてどのようなリノベーションがあったのか 画像付きで解説しているサイトもありますし、そうした所からアイデアを拝借して 組み合わせることで、自分が望む住宅を完成させていくのです。 何にも無しの状態から最高のリノベーションのプランを生み出すのは苦労しますが、 すでに存在する物件を参考にすればきっと捗ります。 もしもパソコンがなければ本屋さんでそれっぽい雑誌を探してもいいですし、近所 に本屋さんがないのならインターネットで注文すればすぐに配達されます。 翌日かその次の日には玄関の呼び鈴が鳴らされて、制服を着込んだ配達員がお宅まで ダッシュでやってくるでしょうから、本屋まで行くのが億劫なら最初からこの手段 で情報誌を取り寄せてもいいかもしれません。 このような方法を駆使すればすぐに理想の住宅像が固まってくるでしょう。



物件を見学する

自分の中でイメージが決まってきたら、今度は実際に物件をいくつか見学してみます。 脳内で描いているだけでは気が付かない点もきっとありますし、直接自分の目で生で 観察することも時には必要なのです。 リノベーション物件を扱っている不動産屋へ行けば自信作を紹介してくれるでしょうし、 普通にショールームへ足を運んでも収穫はあるでしょう。 リノベーションとは特別な設備やデザインのことではないので、ごく普通の新築 マンションを見学することも無駄ではありません。 優れている点があればそれをメモ用紙に箇条書きで記しておき、あとから読み返して 自分のプランに取り入れるべきか考えてみるのです。 もしも注文住宅を見学できる機会があればそこもチェックしてみましょう。 建売住宅よりも奇抜で斬新なデザイン設計になっている可能性が高いので、吸収 させてもらえるアイデアがより多く発見できそうです。 ハウスメーカーや工務店関係だけではなく、最近新築した知人の噂を聞きつけたら 手土産を持ってお伺いして何枚か写真撮影させてもらうのもいいでしょう。 こうやって実物を目にすることで現実的なプランが見えてくるはずです。 雑誌やディスプレイに映る2次元の画像だけでは立体的なデザインはイメージ しづらいので、頭の中でアイデアが煮詰まってきたら気分転換も兼ねてモデルルーム 巡りをすることをお勧めしますよ。



業者に相談

ついに我が家の理想形が決定したら、それを実現させるための業者を探します。 これは設計事務所であったり工務店であったりハウスメーカーになるので、そうした 企業をご近所で探していくつか目星をつけましょう。 ショールームがあるのならそこで相談をしてみれば、アドバイスをしてもらえたり お勧めの物件情報なんかも教えてもらえるでしょう。 そうした相談は大抵無料ですので、自分の知りたいことや欲しい情報はどんどん アタックして聞き出してしまいましょう。 このやりとりでこちらの希望を伝えれば、およその費用も掴めるかと思います。 最初に相談した所で話を決める必要もありませんので、時間の許す限りいくつかの 業者に相談していい手ごたえのあった業者に最終的にオーダーします。 そのことは相手も承知の上なので、何軒か回っていることをそれとなく話してみれば 顧客を掴むためにいろいろなサービスをしてもらえるかもしれません。 新築よりも安いとはいえ総費用はけっこうな金額になる話ですので、できるだけ 安い見積りを出してくれる業者にお任せしたいですし、施工技術もしっかりした 所にお願いしたいです。 ショールームだけではなく今までの実績の写真なんかも見せてもらえるのならいくつか 目視させてもらい、いい仕事をしてくれそうかも見極めましょう。 あくまで相談だけという形で話しかければ、そう慌てないでゆっくりと落ち着いて 話を伺うことができるかもしれません。



バナースペース